• TEL0884-64-8883
  • 受付時間:8:30-17:00 定休日:土日祝
ご注文金額が10,000円以上で送料無料
【重要】一時販売停止商品のご案内
  • ゆず黄玉
  • 黄金の雫
  • 青空レストラン
  • ゆず生ドレッシング
  • ゆずこしょう
  • ゆず香る缶詰
  • 木頭ゆずオリーブオイル特集

商品カテゴリー

価格で選ぶ

2024.3CALENDAR

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
TODAY

2024.4CALENDAR

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

冬至におすすめ ゆず湯

黄金の村では12月21日の冬至に向けて、冬至「ゆず湯」に入ろうキャンペーン♪として、特別にゆず湯パッケージ商品を用意いたしました!通常よりもお買い得なお値段になっておりますので是非お試しください!
今年も、ゆず湯の季節がやってきました。冬至は1年で最も太陽の出る時間=昼間が短い日ですが、冬至にはゆず湯に入る習慣があります。江戸時代に始まったとされるゆず湯は「邪気を祓い、融通良く生きられる」「ゆず湯に入ると風邪をひかない」といった言い伝えや、ゆずが持つ効果効能から、多くの人に愛されています。どこか懐かしいような、ホッとするゆずの香り。心も体も芯から温まり、ゆるりとほぐれるような「ゆず湯」。寒さ増すこの季節に是非お試しください。
ゆず湯は江戸時代に銭湯がお客様を呼び込むために、冬至にゆずを入れたことが始まりといわれ、その後冬至にゆず湯に入る文化が浸透していったといわれています。ゆず=融通(ゆうずう)、冬至=湯治(とうじ)という語呂合わせから、冬至にゆず湯に入ることで融通よく生きていけるという願掛けです。また、ゆずは香りが高く邪気を祓うという説もあったため、ということもあるようです 。(ゆずから派生した柑橘類「じゃばら」はその名の通り「邪気を祓う」から来た名です。)ゆず湯に入ると、「風邪をひかずに寒い冬を乗り越えられる」という言い伝えもあるようです。
ゆず湯の効果・効能 美肌効果 リラックス効果 保温効果  華やかな気分♪
個数はお好みです。何個じゃないといけないということはありません。一般家庭の浴槽の大きさですと2~3個から5~6個入れる方が多いようです。勿論多いほど、柚子の香りや成分、見た目の華やかさを感じやすいです。気になる方は2~3個入れてみて、実感が足りなければ少しずつ追加してください。
どちらでもお好みで大丈夫です。●丸ごと入れる場合お好みの量をそのまま入れてお楽しみください。皮に香り成分が一番詰まっているため、湯船の中で、浮かべた柚子の一つに皮に爪で傷をつけるとさらに香りが高まります。傷をつけた柚子は、1~2日で処分してください。●切って入れる場合丸ごとよりも、切って入れたほうが香りや成分が出やすいというメリットはありまが、注意点もあります。
・肌が弱い方は、果汁などで、肌がピリピリと感じてしまったり、かゆみを感じてしまうことがあるので、注意してください。そういう方は丸ごとを楽しまれた方が良いかもしれません。・柚子の中身が出て浴槽が濁ったり、お風呂のお湯を抜いた後の掃除も必要なので、場合によってはガーゼや洗濯ネットのようなものに入れてもいいかもしれません。切って入れる場合は丸ごとの1/3~1/2くらいの個数で良いかもしれません。ちなみに切る場合は、輪切りにする場合と、皮だけ入れる場合があります。●乾燥させて入れる場合お料理に使った後などの柚子の皮を、乾燥させて入れる方法もおすすめです。柚子の皮を千切りにし、ざるなどに入れて天日干し、またはクッキングペーパを敷いて500wで3分ほど加熱して乾燥させたものを、ネットなどに入れてお風呂で楽しみます。乾燥させると皮は半年程度日持ちします。
1日だけでなく、何日も使えます。勿論、日がたてば香りや成分は弱くなっていきます。香りが感じられなくなってきたら新しい柚子に入れ替えていただければと思います。※ただし、追い炊き機能を使う場合はご注意ください。果汁や果肉が配管の中へ入り込み、細菌や微生物が繁殖する原因や配管が故障する原因になる可能性があります。追い炊きを使った後はしっかりと掃除する、また追い炊きは使わずお湯は毎回入れ替える、足し湯をする。などの対策があります。
黄金の村では12月21日の冬至に向けて、冬至「ゆず湯」に入ろうキャンペーン♪として、特別にゆず湯パッケージ商品を用意いたしました!通常よりもお買い得なお値段になっておりますので是非お試しください!
今年も、ゆず湯の季節がやってきました。冬至は1年で最も太陽の出る時間=昼間が短い日ですが、冬至にはゆず湯に入る習慣があります。江戸時代に始まったとされるゆず湯は「邪気を祓い、融通良く生きられる」「ゆず湯に入ると風邪をひかない」といった言い伝えや、ゆずが持つ効果効能から、多くの人に愛されています。どこか懐かしいような、ホッとするゆずの香り。心も体も芯から温まり、ゆるりとほぐれるような「ゆず湯」。寒さ増すこの季節に是非お試しください。
ゆず湯は江戸時代に銭湯がお客様を呼び込むために、冬至にゆずを入れたことが始まりといわれ、その後冬至にゆず湯に入る文化が浸透していったといわれています。ゆず=融通(ゆうずう)、冬至=湯治(とうじ)という語呂合わせから、冬至にゆず湯に入ることで融通よく生きていけるという願掛けです。また、ゆずは香りが高く邪気を祓うという説もあったため、ということもあるようです 。(ゆずから派生した柑橘類「じゃばら」はその名の通り「邪気を祓う」から来た名です。)ゆず湯に入ると、「風邪をひかずに寒い冬を乗り越えられる」という言い伝えもあるようです。
ゆず湯の効果・効能 美肌効果 リラックス効果 保温効果  華やかな気分♪
個数はお好みです。何個じゃないといけないということはありません。一般家庭の浴槽の大きさですと2~3個から5~6個入れる方が多いようです。勿論多いほど、柚子の香りや成分、見た目の華やかさを感じやすいです。気になる方は2~3個入れてみて、実感が足りなければ少しずつ追加してください。
どちらでもお好みで大丈夫です。●丸ごと入れる場合お好みの量をそのまま入れてお楽しみください。皮に香り成分が一番詰まっているため、湯船の中で、浮かべた柚子の一つに皮に爪で傷をつけるとさらに香りが高まります。傷をつけた柚子は、1~2日で処分してください。●切って入れる場合丸ごとよりも、切って入れたほうが香りや成分が出やすいというメリットはありまが、注意点もあります。
・肌が弱い方は、果汁などで、肌がピリピリと感じてしまったり、かゆみを感じてしまうことがあるので、注意してください。そういう方は丸ごとを楽しまれた方が良いかもしれません。・柚子の中身が出て浴槽が濁ったり、お風呂のお湯を抜いた後の掃除も必要なので、場合によってはガーゼや洗濯ネットのようなものに入れてもいいかもしれません。切って入れる場合は丸ごとの1/3~1/2くらいの個数で良いかもしれません。ちなみに切る場合は、輪切りにする場合と、皮だけ入れる場合があります。●乾燥させて入れる場合お料理に使った後などの柚子の皮を、乾燥させて入れる方法もおすすめです。柚子の皮を千切りにし、ざるなどに入れて天日干し、またはクッキングペーパを敷いて500wで3分ほど加熱して乾燥させたものを、ネットなどに入れてお風呂で楽しみます。乾燥させると皮は半年程度日持ちします。
1日だけでなく、何日も使えます。勿論、日がたてば香りや成分は弱くなっていきます。香りが感じられなくなってきたら新しい柚子に入れ替えていただければと思います。※ただし、追い炊き機能を使う場合はご注意ください。果汁や果肉が配管の中へ入り込み、細菌や微生物が繁殖する原因や配管が故障する原因になる可能性があります。追い炊きを使った後はしっかりと掃除する、また追い炊きは使わずお湯は毎回入れ替える、足し湯をする。などの対策があります。

全5件中5件表示

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順
  • 1

最近チェックした商品